Hair Suze スーズ 東銀座駅前 美容室 美容院【公式】

東銀座駅前の頻繁に通える格安美容室 美容院 歌舞伎座目の前 晴海通り沿い 伸びても気になりにくい白髪染め 白髪ぼかし 白髪活かし お任せください。ヘアマニキュア・ヘナ取り扱い店

TEL.03-3543-2926  平日10:00am-8:00pm 土日祝10am-7pm 毎週火曜定休 月曜不定営業
ジアミンアレルギー

パラフェニレンジアミンの安全性について

パラフェニレンジアミン(PPD)は、ヘアカラー製品などで広く使用されている成分です。その一方で、アレルギー反応や発がん性のリスクについて懸念の声も上がっています。ここでは、PPDの使用におけるリスク評価と安全対策について科学的な観点から解説します。

PPDとは?
PPDは、鮮やかで長持ちする色を実現するためにヘアダイ製品に使用される化学物質です。アレルギー反応の報告はありますが、適切な使用と管理によりそのリスクを最小限に抑えることができます。

人体への影響評価:
物質の人体への影響を評価する際、「種類」「濃度」「接触時間」が重要です。PPDの場合、その化学的性質、製品中の含有量、髪への塗布時間が安全性評価の鍵となります。これらを適切に管理することでリスクを大幅に減らせます。

発がん性に関する科学的証拠:
国際がん研究機関(IARC)は、PPDを「ヒトに対する発がん性が分類できない(Group 3)」としています。これは、現時点でのデータ不足を意味します。Group 3にはカフェインやナイロンなど日常的な物質も含まれており、必ずしも危険性が高いわけではありません。

情報の信頼性:
ジアミンをまるで毒物のように扱う情報が見られますが、そうした主張の多くは科学的根拠が不十分です。信頼できる情報源や専門家の見解を確認し、過度な不安を抱かないよう注意が必要です。

美容室でのPPD取り扱い:
美容室で使用されるPPD含有製品には、濃度に厳しい規定があります。これは従業員と顧客の安全を守るために重要です。また、接触時間を守ることで過剰暴露のリスクを避けています。

アレルギーのある人への注意:
PPDアレルギーのある人は使用を避けるべきです。接触性皮膚炎や他の深刻な反応を引き起こす可能性があるためです。

まとめ:
長年の使用データと研究があるにもかかわらず、美容業界で特定の健康問題が増加したという証拠はありません。仮にPPDに発がん性があるとしても、そのリスクは非常に小さいと考えられます。毎日PPDに触れる美容師でさえ特定の病気の発生が確認されていないことから、一般消費者が過度に心配する必要はありません。

PPDの安全性は、種類、濃度、接触時間の適切な管理で高められます。製品の使用説明に従い、必要な予防措置を取ることで、ヘアカラー製品を安心してお使いいただけます。科学的な事実に基づいて判断することが重要です。

関連記事:
パラフェニレンジアミンの安全性について
ジアミンアレルギーへの厳格な対応:Suzeの方針
ジアミンアレルギーでも明るい髪色を実現する方法
●ノンジアミンカラーの限界

ジアミンアレルギーがあっても美容師として輝ける – Suzeでのヘアデザインの可能性

ジアミンアレルギーを持つ美容師の皆様へ

ジアミンアレルギーで美容師を辞めることを考えていませんか?その前に、Suze美容室でのキャリア継続の可能性をご紹介します。私たちは、美容師の本質的な価値がヘアデザインを通じてお客様に満足を提供することだと信じています。

  1. ヘアデザインが仕事の中心 :
    Suzeでは、ジアミンを使用するかどうかに関わらず、美しいヘアデザインを創造し、お客様を満足させることが最も重要です。あなたの創造性と技術が、ここで最大限に発揮できます。
  2. 当サロンには、ジアミンを避けたいお客様も多く来店されます。Suzeでは、ジアミンを扱わないことは大きなハンデではありません。ジアミンを使用しないヘアデザインの需要は高く、あなたの技術を存分に活かせる環境があります。
  3. 多様なテクニックの活用:
    カット、スタイリング、ジアミンを含まない製品を使用したカラーリングなど、多様なテクニックを駆使してヘアデザインを行えます。これらの技術を磨くことで、より幅広い顧客ニーズに応えられます。
  4. ジアミンアレルギーのお客様へのサポート:
    同じ経験を持つ美容師として、ジアミンアレルギーのお客様に安心感を提供できます。あなたの知識と経験は、特別な価値となります。
  5. チーム内での重要な役割:
    ジアミンを使用しないヘアデザインのスペシャリストとして、チーム内で独自の位置を確立できます。あなたの専門性が、サロン全体のサービスの幅を広げます。
  6. キャリア継続と成長の機会:
    Suzeでは、ジアミンアレルギーがあっても、美容師としてのキャリアを継続し、成長できます。新しいテクニックの習得や、顧客満足度の向上にチャレンジできる環境があります。
  7. 次のステップ:
    ジアミンアレルギーで美容師を辞める前に、以下のアクションをお勧めします: • 詳細情報のお問い合わせ • 職場見学の申し込み(実際のヘアデザイン作業をご覧いただけます) • 採用に関する個別相談

注意:Suzeはジアミン配合製品を扱わない美容室ではありません。そのため、アレルギーの程度によっては対応が難しい場合があります。例えば、美容室の空気中に含まれるジアミン成分に反応するほど強いアレルギーをお持ちの方には、Suzeでの勤務をお勧めできません。

ジアミンアレルギーがあっても、Suzeならあなたのヘアデザインの才能を存分に発揮できます。当サロンで、創造性を活かしながら、美容師としての新たな可能性を見つけませんか?

採用情報 採用専用応募・見学申し込みフォーム

ジアミンアレルギーで美容師を辞める前に、ぜひSuzeでの可能性をお確かめください。あなたのヘアデザインスキルが、多くのお客様に喜びをもたらします。個別相談や職場体験の機会をご検討ください。

Suze 採用担当

ジアミンアレルギーでも明るい髪色を実現する方法

ジアミンアレルギーがあると、明るい髪色を諦めざるを得ないわけではありません。適切な方法を選べば、アレルギーがある方でも安全に明るい髪色を楽しむことが可能です。今回は、その具体的な方法をご紹介します。

まず、ヘアカラーの基本的な仕組みについて説明します。髪の色は、元々髪に含まれる天然の色素と、染毛剤の色が組み合わさって決まります。通常のヘアカラーは脱色と染色を同時に行いますが、パラフェニレンジアミンは染色過程で使用されます。つまり、ジアミンを避けるためには、脱色のみで色を変える方法を選ぶと良いのです。

ここで、髪色を明るくすることの重要性について触れておきましょう。髪を明るくすることは、単に色を変えるだけではありません。ヘアスタイルに立体感や束感を出すなど、特定のヘアスタイルを作り上げる上で不可欠な要素なのです。そのため、ジアミンアレルギーがあっても、安全に髪を明るくする方法を知ることは大切です。

「脱色のみでは派手な金髪になるのでは?」と心配するかもしれませんが、脱色の程度は調整可能です。美容師の技術が重要になりますが、軽度の脱色だけでも髪色は明るくなります。

脱色後、ヘアマニキュアやヘナを使って色味を加えることで、さらに理想の色調に近づけることができます。例えば、軽く脱色した後にピンク系のヘアマニキュアを用いれば、柔らかなピンクブラウンを楽しむことができます。

当サロンでは、ジアミンアレルギーのお客様向けの白髪染めを目的とした技術として、グラデーションカラー、ウィービング等の各種ハイライトとヘアマニキュアやヘナを組み合わせた施術を定番として提供しています。この方法なら、ジアミンを完全に避けつつ、白髪もカバーし、立体感のある魅力的な髪色を実現できます。

さらに、必ずしもヘアマニキュアなどで白髪を隠す必要もなく、白髪とハイライトの組み合わせのみで、白髪ぼかしや、白髪を馴染ませたり、活かしたりすることも時代にマッチした方法として好評を得ております。

これらの方法を活用すれば、ジアミンアレルギーを持つ方でも、明るく魅力的な髪色を手に入れることができます。ただし、ハイライト技術にはダメージもつきものです。大人の女性のヘアスタイルを作る際、髪を傷めるリスクと得られるメリットのバランスを考慮することは非常に重要です。

関連記事:
パラフェニレンジアミンの安全性について
ジアミンアレルギーへの厳格な対応:Suzeの方針
ジアミンアレルギーでも明るい髪色を実現する方法
●ノンジアミンカラーの限界

髪のべたつき、乾かない、ぺちゃんこ、引っ掛かり:シャンプーの影響を考える

多くの人が悩む髪のべたつき、乾かない、ぺちゃんこ、引っかかる問題。これらの原因は、意外にも日々使用しているシャンプーにあるかもしれません。現代のシャンプー製品には、使用感向上を目的とした過剰なコーティング剤が含まれています。これらは洗髪時や乾燥後の手触りを改善し、髪のまとまりを良くする効果がありますが、同時に重大な問題を引き起こす可能性があります。

最も重要な点は、これらのコーティング剤が毎回リセットされるわけではなく、徐々に蓄積されることです。この蓄積が様々な髪の問題を引き起こす原因となっています:

1. べたつく髪:コーティング剤の蓄積により、髪表面がべたつき不快感を生みます。
2. 乾かない髪:過剰なコーティングが濡れたような髪の質感を生み、乾燥時間が長くなります。
3. ぺちゃんこな髪:コーティング剤の重みで髪がぺちゃんこになり、ボリュームが出にくくなります。
4. 引っかかる髪:コーティング剤の蓄積により、髪同士が引っかかりやすくなります。

これらの問題は、特にキューティクルが豊富な元々はツルツルサラサラの髪質の人に顕著に現れます。コーティング剤はキューティクルに吸着しやすいため、本来それが必要ない人に特に影響が出やすいのです。

シャンプーの本来の目的は「洗う」ことですが、多くの製品がコンディション調整にも焦点を当てています。しかし、コンディショニングはコンディショナーやトリートメントの役割であり、シャンプーに過度な期待をすることで問題が生じるのです。

多くの場合、理想的な髪の状態は、根元が軽くふんわりとしており、中間から毛先にかけては適度なしっとり感があることです。これを実現するためには、さっぱりと洗い上げるシャンプーと、適度にしっとりとしたコンディショナーを適切に使用することが重要です。

問題解決には:
1. コーティング剤の少ないさっぱりとしたシャンプーを選ぶ
2. コンディショナーは毛先を中心に使用し、根元には付けない
3. 髪の部位に応じたケアを心がける(根元はさっぱり、毛先はしっとり)

洗う際の指どおりをよくするために、シャンプー剤には最低限のコーティング剤が必要ですが、過剰で髪に蓄積されやすいコーティング剤が配合された製品を避けることで、日々の髪の悩みを解消し、美しい髪を長く保つことができるのです。

地毛の色を活かして白髪を染める:茶色くならない方法

多くの方が地毛の色を活かしながら白髪を染めたいと願っていますが、従来の方法ではすぐに茶色に変色してしまうという問題があります。この記事では、その対策となる方法を詳しく探求します。

アルカリタイプヘアカラーの問題点:
アルカリタイプのヘアカラー剤は、脱色と染色の工程が不可欠です。脱色は髪の天然色素を取り除くため、一度変化した髪色は永続的にその状態が保たれます。しかし、染めた色は時間と共に退色し、たとえ地毛と同じ色で染めても、一度でも脱色された髪は徐々に明るく変化してしまいます。脱色を抑えつつ染料を多く含む染毛剤を使用しても、脱色や退色はゼロではなく、完全には明るくなることを防ぐことは困難です。

根本的な解決策:脱色を伴わない染め方
地毛の色を保持するためには、脱色を伴わない染め方が必要です。このアプローチとして、ヘアマニキュアとヘナが効果的です。これらは髪のごく浅い層に色素を吸着させるので、地毛の色を大きく変えることなく白髪をカバーします。白髪がそれほど多くない場合には特に有効であり、多くの施術例がこれを証明しています。

 白髪が多い場合の色選び:
白髪が多い場合、年配の方々においては、そもそも元の地毛の黒髪の色が違和感を与えることが多いため、地毛の黒髪の色にこだわるメリットは少なくなります。適度に明るい色の方が自然で魅力的に見えることが多いです。

見落としてはいけないポイント:髪の艶
髪の色を選ぶ際には、色の鮮やかさだけでなく、艶も非常に重要な要素です。艶とは、光の反射や光沢を意味し、髪の健康と美しさを象徴します。例えば、塗料で金色や銀色を再現する際には、基本の三原色(赤、青、黄)に加えて、パール顔料やラメを混ぜて光を反射させる必要があります。これらの素材による光の反射があって初めて金色や銀色という色が成立するのです。

髪においても、艶が加わることで色が一層魅力的に映ります。髪の艶は、豊富で整ったキューティクルが光を反射することで髪は健康的に輝きます。そのため、髪の本来の色を活かした染め方では、光がきれいに反射する整ったキューティクルを損なわない方法を選ぶことが重要です。

結論
地毛の髪色を生かすためには、脱色と傷みを伴わないヘアマニキュアまたはヘナの使用を推奨します。これにより、自然な地毛の髪色を長く保ちながら、魅力的な外見を維持することができます。

コンプレックスを隠そうとする髪型が与える印象

中高年女性のお客様が多いSuzeでは、額のしわを隠すために前髪を作りたいと望むお客様が多くいらっしゃいます。しかし、この方法は常に有効なわけではなく、場合によっては前髪で額を隠すことで、ほうれい線や口元のしわが強調され、かえって老けた印象を与えることがあります。おでこを隠すことで、他の部分がより目立ってしまうのです。

見せたくない部分がある場合、それを隠すよりも、むしろ多くの部分を見せて視線を分散させるほうが、効果的で美しく見せることができる場合が多いです。例えば、世界中の高齢女性が最終的に選ぶおなじみの髪型には、そのヒントが隠されています。このスタイルは前髪を上げ、トップにボリュームを持たせ、耳を出して顔全体を見せるものです。

一見すると老けた髪型に見えるかもしれませんが、実際にはこのスタイルが多くの高齢女性を若々しく、美しく見せる効果が証明されています。隠すのではなく、堂々と見せることで全体のバランスを取り、美しさを引き立てることが重要なのです。

美容室でのヘアスタイル選択では、時に「保守的な美人」と「おしゃれな不美人」の究極の選択が求められることがあります。これはお客様の個性や価値観に左右される部分も大きいですが、多くの中高年女性にとって「保守的な美人」を選ぶことが、清潔感と魅力を感じさせるスタイルにつながることが多いです。シンプルかつ洗練されたスタイルは、自然な美しさを引き出し、自信を持って生きる力を与えるのです。

もちろん、「オシャレな美人」を目指しますが、中高年の方にとってはそうではない選択を避けられない場合もあります。何かを隠すと、隠れていない何かが、隠す前よりも目立つようになるのが物事の道理です。隠した物と出てくるもののバランスを正しく見積もることが重要です。ほうれい線や口元のしわよりもおでこのしわの方が本人は気になることが多い傾向にあります。客観的な視線によりバランスを取ることで、自然な美しさを引き出し、全体の調和を保つことができるのです。

ヘアカラーの色素レベルでの選択とその重要性

ヘアカラーのリタッチや全体染めを成功させるためには、どの程度の脱色をするのかということに加えて、異なる色素の特性を理解し、適切な色を選択することが非常に重要です。色素の落ちやすさを考慮した色選びは、色の持続性と髪の健康を維持する上で重要な役割を果たします。

色素の特性とその選び方
ヘアカラーやヘアマニキュアに使用される色素は、プリンターインクと同様に基本的な色である青、赤、黄、黒から構成されています。これらの基本色の中でも、同じ色名であっても使用される染料の種類には多様性があり、それぞれ異なる色調や特性を持ちます。例えば、赤色を出すために複数の異なる染料が使用される場合があり、これによって得られる赤色の深みや鮮やかさが異なります。これらの色素は固有の特性を持ち、分子のサイズや髪への浸透深度が異なります。表面に留まる色素や分子量が小さい色素は、比較的早く髪から抜け落ちる傾向にあります。一方、深く浸透する色素や髪の内部で分子量が大きくなる色素は、色持ちが良く持続性が高いです。これらの特性を理解し、目的に応じた色の配合を選ぶことで、退色後も適切な色合いを維持することが可能です。持続する色素とそうでない色素を区別することが、長期間にわたり美しいヘアカラーを楽しむための鍵です。

リタッチと全体染めでの色素選び
リタッチを行う際は、根元の伸びに合わせて既存のカラーと調和する色素を選択します。この工程では、髪全体の色との調和だけでなく、色持ちのバランスも考慮する必要があります。根元がやがて毛先になることを意識し、全体的なカラーバランスを保つことが重要です。

全体染めを行う際には、色持ちが良い色素を基本にし、早く色落ちする色素を適切に補う配合が効果的です。全体染めには特に大きなリスクが伴うため、色の選択を非常に慎重に行います。得られる色の美しさと、その過程で髪の健康に与える影響のバランスを考慮し、パーマや髪質改善トリートメントなどの他の髪の処理を行う予定がある場合は、全体染めのタイミングを慎重に決定することが重要です。

色素レベルでの適切な配合の色選択は、リタッチを中心としたカラー習慣を成功に導くための鍵であり、長期にわたって髪の美しさを保持するためには不可欠です。

染めても染めても退色する髪色:退色を防ぐ方法

ヘアカラーの基本
ヘアカラーによって得られる髪の色は、天然のメラニン色素と染毛剤の色が組み合わさって作られます。ヘアカラーによって髪の天然色素が取り除かれると、その変化は永続的です。しかし、染めた色は時間が経過するにつれて徐々に退色していきます。

極端な退色の原因
頻繁な全体染めにより、特に毛先に向かうほど髪の天然色素が薄くなり、髪自体のダメージが蓄積されます。その結果、色を保持する能力も低下します。例えば、毎月1cm伸びる髪を毎月全体染めすると、20cmの長さの髪の先端部は20回の脱色を経て、深刻なダメージが蓄積されることになります。このため、暗めのカラーを施しても、色持ちは非常に短くなります。

多くのホームカラーを行う人々も、同様にこの問題に直面しています。自分でカラーを行うと、特に技術的な制限や正確な知識の不足から、不適切なカラーの塗布や過剰な脱色が発生しやすく、極端な退色や髪のダメージを引き起こす可能性があります。そのため、脱色を伴わないヘアマニキュアやヘナの使用を検討することが望ましいです。

多くの美容室で採用されているリタッチ技術では、ヘアカラー後のシャンプー前にコーミングなどを行い、リタッチ部分の薬剤を既染部に伸ばし、色の均一性を出す方法があります。しかし、この手法で得られる色の均一性は数日しか持続せず、コーミングによって伸ばされた薬剤による追加の脱色とダメージを及ぼすため、得られる効果に対し、残る悪影響は全く割に合わないと言えます。このような短期的な視点ではなく、長期的な視点でお客様の髪の健康を第一に考える必要があります。また、一部の美容室では、ヘアカラー施術時にトリートメントを同時に行い、髪の傷みを軽減できると主張して、積極的に全体染めを勧めています。しかし、この方法でもダメージを完全に防ぐことはできず、傷みを多少軽減するだけで、脱色による追加ダメージは避けられません。

提案:効果的なリタッチ戦略
持続的な髪の美しさを保つために、全体染めはなるべく控え、リタッチを中心に行うことが大切です。それを成功させるための適切な色選びは、髪の健康を保ちながら、美しい外見を維持するための重要なポイントです。経験豊富なSuzeは、一人一人の髪質やご希望に合わせた最適なカラーリングをご提案いたします。

大人女性のヘアスタイルに対するアプローチと優先順位

私は美容師として30年以上の経験を持ち、初期のキャリアではデザインとトレンドに重点を置いて活動していました。現在は、中高年女性の髪の特性を理解し、適切なヘアケアを実施することに専念しています。若いお客様には、美容室に訪れたその日に完璧なスタイルを通じて特別な1日を実現することが求められますが、大人女性には毎日が安定して満足のいくヘアスタイルで過ごせるよう配慮が必要です。

大人女性のヘアスタイル成功のためには、以下の三つの優先順位を設けています。

1、素材感と清潔感の重視:艶やかで健康的な髪は大人女性にとって非常に重要です。サロンでの施術が髪の健康にどう影響するかを慎重に考慮し、ダメージを避けながら適切なヘアケアを行います。同時に、清潔感を保つことで、髪の美しさと共に品格ある印象を演出します。

2、ボリューム感の強化:年齢と共に減少する髪の量を補うため、ボリュームを保つカット技術や独自の仕上げ技術を使用します。若い頃と同じボリュームを持っていても、見た目にボリュームが感じられないことがあるため、自然なボリューム感をもたらし、見た目にも豊かさを感じさせるスタイルを実現します。

3、手入れのしやすさ:日常のケアが容易なスタイルを選択することが重要です。加齢により細くなり、チリ付やうねりがちな髪も効果的に管理できるよう、手入れが簡単で、同時に髪の健康を維持できるスタイルを提案します。

また、トレンドも重要な要素ではありますが、これを追い求めることで、素材感やボリューム、手入れのしやすさといった基本要素を犠牲にするべきではありません。これらの優先順位に基づき、一人ひとりの髪の状態に合わせた最適なアドバイスを行い続けることを心がけています。トレンドも考慮しつつ、大人女性が日々を自信を持って過ごせるようサポートします。詳細なケア方法や具体的なテクニックについては、追って新たな記事で紹介する予定です。

今回の提案は主に大人の女性向けですが、若者へのメッセージもあります。若い時期は髪が健康で元気なので、いろいろなヘアスタイルやカラーを楽しむのがおすすめです。思い切って新しいスタイルに挑戦して、将来的に後悔のないようにしましょう。若い頃に様々な髪型を経験しておくと、大人になってから無理なカラーリングをしなくなる傾向があり、美しい髪を保つことに繋がります。

「おしゃれ染め」と「白髪染め」の語彙の限界と進化

「おしゃれ染め」と「白髪染め」:進化する概念と表現の限界

ヘアカラーを説明する「おしゃれ染め」と「白髪染め」という用語は、時代とともに進化しています。かつて明確だったこれらの区別も、現代のヘアカラーの多様性を前に、その限界が顕著になっています。

従来の区別:

  • おしゃれ染め:トレンドやファッションに合わせた染色
  • 白髪染め:白髪をカバーすることに特化したカラーリング

この区別は、使用される技術や薬剤の違いに基づいていました。しかし、現在のヘアカラーテクニックはこれらのカテゴリーを超えて進化しています。特に白髪染めは、単に白髪を隠すだけでなく、自然に馴染ませたり、髪全体のデザインの一部として活用する方法も増えています。

現代の課題:

  1. 固定的カテゴリーの限界:従来の「暗め=白髪染め」「明るめ=おしゃれ染め」という分類はもはや適切ではありません。
  2. 個別ニーズへの対応:お客様の求めるスタイルや髪質によって、色の選択や染め方は大きく異なります。
  3. 誤解のリスク:これらの用語を使った区別は、現代のヘアカラーの多様性を正確に反映しきれず、混乱を招く可能性があります。

Suzeの取り組み:

  • 目的としての用語使用は容認しつつ、薬剤分類への適用は避けています。
  • 新しい語彙や表現を積極的に取り入れ、個々のニーズに合わせたカウンセリングと施術を提供しています。
  • ヘアカラーを単なる色変更ではなく、お客様の個性を引き立てる要素として捉え、常に最新の価値観を生み出しています。

結論:
「おしゃれ染め」と「白髪染め」という従来の区分は、現代のヘアカラーの複雑さを十分に表現できません。Suzeでは、これらの限界を認識し、より柔軟で個別化されたアプローチを採用しています。