Hair Suze スーズ 東銀座駅前 美容室 美容院【公式】

東銀座駅前の頻繁に通える格安美容室 美容院 歌舞伎座目の前 晴海通り沿い 伸びても気になりにくい白髪染め 白髪ぼかし 白髪活かし お任せください。ヘアマニキュア・ヘナ取り扱い店

TEL.03-3543-2926  平日10:00am-8:00pm 土日祝10am-7pm 毎週火曜定休 月曜不定営業
染めても染めても退色する髪色:退色を防ぐ方法

染めても染めても退色する髪色:退色を防ぐ方法

ヘアカラーの基本
ヘアカラーによって得られる髪の色は、天然のメラニン色素と染毛剤の色が組み合わさって作られます。ヘアカラーによって髪の天然色素が取り除かれると、その変化は永続的です。しかし、染めた色は時間が経過するにつれて徐々に退色していきます。

極端な退色の原因
頻繁な全体染めにより、特に毛先に向かうほど髪の天然色素が薄くなり、髪自体のダメージが蓄積されます。その結果、色を保持する能力も低下します。例えば、毎月1cm伸びる髪を毎月全体染めすると、20cmの長さの髪の先端部は20回の脱色を経て、深刻なダメージが蓄積されることになります。このため、暗めのカラーを施しても、色持ちは非常に短くなります。

多くのホームカラーを行う人々も、同様にこの問題に直面しています。自分でカラーを行うと、特に技術的な制限や正確な知識の不足から、不適切なカラーの塗布や過剰な脱色が発生しやすく、極端な退色や髪のダメージを引き起こす可能性があります。そのため、脱色を伴わないヘアマニキュアやヘナの使用を検討することが望ましいです。

現行の美容院の問題点
多くの美容院ではリタッチと称し、シャンプー前にコーミングなどを行い、リタッチ部に塗られた薬剤を既染部に伸ばして色を馴染ませます。しかし、この手法で得られる色の均一性は数日しか持続せず、コーミングによる追加の脱色とダメージが髪の長期的な健康に悪影響を及ぼすため、結果的には割に合わないと言えます。このような短期的な視点ではなく、お客様の髪の健康を第一に考える必要があります。

当店の実例
当店を長年にわたってご利用のお客様の中には、腰まで届く超ロングヘアをお持ちの方もいます。彼女たちの多くがリタッチ中心のカラー習慣を採用しており、その結果、根元から毛先まで色の均一性を保つことができています。

提案:効果的なリタッチ戦略
持続的な髪の美しさを保つために、全体染めはなるべく控え、リタッチを中心に行うことが大切です。それを成功させるための適切な色選びは、髪の健康を保ちながら、美しい外見を維持するための重要なポイントです。経験豊富なSuzeは、一人一人の髪質やご希望に合わせた最適なカラーリングをご提案いたします。

« »