Hair Suze スーズ 東銀座駅前 美容室 美容院【公式】

東銀座駅前の頻繁に通える格安美容室 美容院 歌舞伎座目の前 晴海通り沿い 伸びても気になりにくい白髪染め 白髪ぼかし 白髪活かし お任せください。ヘアマニキュア・ヘナ取り扱い店

TEL.03-3543-2926  平日10:00am-8:00pm 土日祝10am-7pm 毎週火曜定休 月曜不定営業
ヘアカラーの色素レベルでの選択とその重要性

ヘアカラーの色素レベルでの選択とその重要性

ヘアカラーのリタッチや全体染めを成功させるためには、どの程度の脱色をするのかということに加えて、異なる色素の特性を理解し、適切な色を選択することが非常に重要です。色素の落ちやすさを考慮した色選びは、色の持続性と髪の健康を維持する上で重要な役割を果たします。

色素の特性とその選び方
ヘアカラーやヘアマニキュアに使用される色素は、プリンターインクと同様に基本的な色である青、赤、黄、黒から構成されています。これらの基本色の中でも、同じ色名であっても使用される染料の種類には多様性があり、それぞれ異なる色調や特性を持ちます。例えば、赤色を出すために複数の異なる染料が使用される場合があり、これによって得られる赤色の深みや鮮やかさが異なります。これらの色素は固有の特性を持ち、分子のサイズや髪への浸透深度が異なります。表面に留まる色素や分子量が小さい色素は、比較的早く髪から抜け落ちる傾向にあります。一方、深く浸透する色素や髪の内部で分子量が大きくなる色素は、色持ちが良く持続性が高いです。これらの特性を理解し、目的に応じた色の配合を選ぶことで、退色後も適切な色合いを維持することが可能です。持続する色素とそうでない色素を区別することが、長期間にわたり美しいヘアカラーを楽しむための鍵です。

リタッチと全体染めでの色素選び
リタッチを行う際は、根元の伸びに合わせて既存のカラーと調和する色素を選択します。この工程では、髪全体の色との調和だけでなく、色持ちのバランスも考慮する必要があります。根元がやがて毛先になることを意識し、全体的なカラーバランスを保つことが重要です。

全体染めを行う際には、色持ちが良い色素を基本にし、早く色落ちする色素を適切に補う配合が効果的です。全体染めには特に大きなリスクが伴うため、色の選択を非常に慎重に行います。得られる色の美しさと、その過程で髪の健康に与える影響のバランスを考慮し、パーマや髪質改善トリートメントなどの他の髪の処理を行う予定がある場合は、全体染めのタイミングを慎重に決定することが重要です。

色素レベルでの適切な配合の色選択は、リタッチを中心としたカラー習慣を成功に導くための鍵であり、長期にわたって髪の美しさを保持するためには不可欠です。

ブログ画像

« »